« 2010年夏場所:千秋楽 | トップページ | 2010年名古屋場所:初日 »

2010年名古屋場所:番付発表…その前に

まず始めに…

相撲は、「国技」ではありません。 (`・ω・´)キリッ

最近、「相撲は国技」って定義されてると勘違いして、
「国技を名乗る資格なし!」だの「国技を返上しろ」だの
イチャモンつける輩(ヤカラ)が巷に溢れてるので、
好角家としてこれだけは言わせて下さい。 悔しうてたまらんちゃー!(勝手にby龍馬)

Wikipediaにも、
「国技が相撲であるという考えが広まることになった起源は、
1909年(明治42年)に両国に初めて相撲常設館が完成した際、
それが「国技館」と命名されたことであるとされている。
これは3代尾車親方(大関:大戸平廣吉)が命名委員会(会長:板垣退助)に
提案し、了承されたものであるが、それは6月2日に行われた開館式で
作家の江見水蔭
が執筆した披露文に「相撲節は国技である」という
内容が書かれていたことにヒントを得た
ということに過ぎない。

その後、国技=相撲という考えは国民の間に浸透していくことになるが、
国の機関によって相撲が正式に国技と認められたことはない
(ただし、国によってそれと認められる国技自体が少数派である)。」と書かれています。

ちなみに、日本の法令で「国技」と定められているものはありません
ついでに、モンゴル相撲(ブフ)もモンゴルの国技とは定められていないようです。

   ↓

 閑話休題

   ↓

この2ヶ月、大相撲の話題には事欠きませんでした。。。
ハッキリ言って、私、今回のことでは怒っております(○`ε´○)
怒りと、悲しい気持ちで一杯です(ノ_-。)

2番目贔屓のGが野球賭博に関与していたから。
他にも好きなHとかOとかCとかDとか、ボロボロ出てきたorz

今までお世話になった周りの人・後援者、応援してくれるファンへの
裏切り行為だと思います。

そして、現実を分かっている一部の親方もいらっしゃるようですが、
一部の親方衆は、ほんとに反省してんのか??と思うような人も。。。

世間で今、角界や力士達がどういう存在で見られているのか
危機感を持たれている親方衆は、一体どれくらいいらっしゃるのでしょうか。
どっちが多いのか。
(まぁマスコミの報道の仕方も偏っているんで、
 これは相撲を潰したい何らかの力が働いているのかも…とも思えるが)

ちょっと上から目線な書き方になってしまいましたが、
…が、こんだけ怒りつつも、それでもまだ応援したい気持ちが半分。
怒りと諦めの気持ちが半分の、二つの相反する気持ちの間で揺れています。

1番贔屓がもし野球賭博やってたら、相撲ファンを辞める覚悟でしたが。

 ↓

 またまた、閑話休題

 ↓

それでは、今場所の注目の番付を【幕内】から。
東関脇 稀勢の里  まぁ、集中してガンバレ!!
東小結 白馬    あまり相撲(と顔)は好きじゃないけど…
西小結 栃ノ心   おめでとう!!
西前2 安美錦   騒動中もマイペースなブログ更新ぶりw
西前11 高見盛  永谷園の懸賞辞退は痛いか?
東前13 豊真将  首のケガも大分良くなってきたそうで…ホッ

新三役は、白馬と栃ノ心
新入幕は、臥牙丸(グルジア出身、きせ…じゃなく北の湖部屋)
再入幕は、武州山・玉飛鳥・翔天狼
謹慎休場は、豪栄道・豊ノ島・雅山・豊響・若荒雄・隠岐の海
(しかしまぁ、期待の日本人ばっかりなのが…なんとも)

【十両】からは、
西9 安壮富士
東12 魁聖     応援し始めて3年かぁ…
西14 佐田の海  父は元小結!あの方の分まで頑張って下さい! 

陥落は、岩木山(連続休場で引退の方向へ…寂しいなぁ)
     光龍・玉乃島・栃乃洋
再十両は、寶智山(久しぶりっ!)・益荒海
そして新十両は、魁聖・佐田の海
謹慎休場は、大道・清瀬海・千代白鵬・春日錦

応援していた力士の中から同時に2人も上がってくれて嬉しいです!!
場所前の明るいニュースはこれくらいかな。
でも新十両紹介は無しかなぁ。ダイジェストに入れてほしいわ~(*・人-*)

…境川部屋、新十両が2人に寶智山も再入幕を果たしたというのに
幕内の2人は休場だし、岩木山は…(´Д⊂グスン
職業柄、脳梗塞とか聞くと余計に心配してしまうんですヨ。

ついでに言わせて貰うと、HPの謝罪文はサインだけでも
直筆にするべきじゃなかったかなぁ。(関取)
たとえヘタな字でも…

 

初日の取組は、
豊真将-木村山、臥牙丸-黒海(共にグルジア)、稀勢の里-安美錦、
栃煌山-日馬富士、把瑠都-白馬、白鵬-栃ノ心

仕事だけど、急いで帰るぞー!

|

« 2010年夏場所:千秋楽 | トップページ | 2010年名古屋場所:初日 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010年夏場所:千秋楽 | トップページ | 2010年名古屋場所:初日 »