« 2007春場所:3日目 | トップページ | 2007春場所:4日目 »

春場所2日目観戦記:中編

幕内土俵入りから書きますね。記事が前後して、スミマセンm(_ _)m

幕内土俵入りの頃、私は花道の奥の通路に居ました。売店のところです。
ちなみに、勝った北桜関がハイタッチをしている現場に遭遇できました(笑)

お目当ての豊真将関を見たかったんですが、取組表に「稀勢の里-豊真将」と、
下に書いてあったんで、西から来ると思って、西方支度部屋からの通路に・・・

そこが混んでたので、近くの見やすい通路を探してました。
ちょっと時間があり、さっきの車椅子席とスロープのことも気になっていたので
そこらにいた黄色い服の整理係のお兄さんに、質問してました。

それも終わったところで、「土俵入りなんで、閉めまーす」と後ろの扉を
閉められちゃったのでした・・・ 動けないよ~。

そうこうしている間に、目の前には関取達がぞくぞくと・・・並んで行きます。
ぅわぉ

ふと横を見ると、タカミンが一人何かしている・・・ そこまで3m!!

そして周り、というかほんの目の前(1m以内)
旭天鵬・露鵬・鶴竜・稀勢の里関が・・・

ちなみに、この日の(豊真将関の)対戦相手は、稀勢の里関。
目の前に、稀勢の里がいる時点でおかしいと思えよ → 自分 ってね。

この日は2日目(偶数)だから、西方から土俵入り・・・ってことで、
取組表も西が上に書いてあるのでしょうか?
やっとこの頃、東西が逆だということに気がつきました(汗)

言い訳になりますが、
だって目の前にこんなに関取がいっぱいいたら・・・
思考回路・停止しますってば?!

そうしている間に、琴光喜・千代大海・琴欧洲関も来て・・・

力士達の会話が聞こえてきました。
記憶おぼろげですが、体重についての会話をしていたと思います。
旭天鵬関露鵬関あたりと・・・
「食べるとすぐついちゃうんですよね~」「飲んじゃうからね」など、
流暢な日本語で(当たり前といっちゃー当たり前だけど)会話・・・

しかし・・・何ですね。

最近、5部屋(実質6部屋?)も稽古を見に行ったんで、
力士の(一般人と比べての)体格の感覚が麻痺してたんですが・・・

やっぱり、関取は違いますよね。体の厚みというか、張りというか・・・

普段、土俵入りをTVで見ててもあまり分かりませんが、やっぱり
関取がずらりと並んでるの圧巻・・・! のひと言に尽きます。

そんな中、後ろの扉が閉まり、
まわりは関取・付き人だらけで、(階段の下なんで)照明も薄暗く・・・

はぁ…、すごい 圧 迫 感。 
そして、もう関取達が目の前にいるので 心臓ドキドキ・・・ 

…やっぱり、豊真将さんのいない方でよかったかも。
私、目の前にもし豊真将さんがいて同じこの状況だったら。

倒れてたかもしれません、私。 なんちゃって。

普段、低血圧な私は、しばらくして
そんな、血圧上がりまくりの状況から解放されたのですが・・・
このあと、まだテンションの上がることがありました。

長くなったので、続きは後編で。。。

|

« 2007春場所:3日目 | トップページ | 2007春場所:4日目 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2007春場所:3日目 | トップページ | 2007春場所:4日目 »