« 久しぶりに見たテル | トップページ | 癒される・・・はずが »

名古屋場所:番付発表

まちに待った、名古屋場所の番付が発表されました!

・豊真将(錣山部屋) 東前頭14枚目(↓)
・高見盛(東関部屋) 西前頭8枚目(↑)

・佐渡ヶ嶽部屋
琴欧州  西大関(↓)
琴光喜  西関脇(↓?)・・・東→西のため
琴奨菊  東前頭1枚目(↑)

・安治川部屋
安馬   東前頭4枚目(↓)
安美錦  西前頭7枚目(↓)
安壮富士 西十両3枚目(↓?)・・・東→西のため
安聡富士 西三段目48枚目(↓)
安寿    東序二段79枚目(↓)
安星    西序二段49枚目(↑)
安早飛  西序二段57枚目(↑)

序二段なんかは、やっぱり人数が多いせいなのか、勝ち星数によって
大きく番付が変わるんですねぇ・・・
特に、安早飛さんなんか5勝2敗だったから、じゃなくて半分ぐらいまで
上がりましたね~ (前は西114・・・あ、きっちり半分だわ!)

しかし、今年になって自分で(部屋を)見に行ったり、こうやって下の方の番付を
調べたりして思うことがあるんだけど・・・
相撲部屋って、多くない? & 力士の数、多すぎない?
ちゃんと数えたことないけどさ、部屋だけで30くらいあったような・・・
 〈ウィキペディアで調べたら、6/24現在53あるそうな!!多すぎでしょ!〉

相撲歴浅いので、いつ頃からこういう規模なのかとか、あんまり歴史については
よく分かんないんだけど、シロウト考えでは。。。
もと(力士)が多すぎるから、年寄も多くなる。=部屋数も多くなる。
で、力士数も多いから、上に上がるのに時間がかかる・・・

序二段なんて、129枚目まであるんだよ?!多すぎて探されへん・・・
力士数、数えてみました。番付を単純に足してみたら・・・724人!
マジで?! ・・・ありえへん。(-_-;;)
逆にいうと、中卒で入ったとしても上に行くのにはそれだけの経験というか、
それだけ稽古しないと強くなれない、ってことですか?
ふ~ん・・・・・。
でもなぁ・・・、もうちょっと減らしてもいいような気が・・・

|

« 久しぶりに見たテル | トップページ | 癒される・・・はずが »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/52031/2395697

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋場所:番付発表:

« 久しぶりに見たテル | トップページ | 癒される・・・はずが »